家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン

心臓病センター榊原病院 糖尿病 足 治療装具
治らない傷,治らない足の潰瘍,病院,糖尿病,切断,けが,しびれ,床ずれ,壊死,潰瘍,足,傷

足の潰瘍

2015年12月7日更新

社会医療法人社団 十全会 心臓病センター榊原病院

社会医療法人社団 十全会 心臓病センター榊原病院
〒700-0804
岡山県岡山市北区中井町2丁目5-1
電話 086-225-7111

心臓病センター榊原病院は1932年に開設、1936年に世界初の心臓外傷手術に成功しました。
心臓病・大血管疾患の専門病院として、2012年4月に開設80周年を迎えました。
同年9月、新病院に移転し、ハイブリッド手術室・ヘリポートを備え、低侵襲治療、断らない救急を行っています。
また、リハビリセンター・メディカルフィットネスや室内プールなども備え、予防からリハビリまで一貫した医療サービスを行っています。

創傷ケアセンターは2007年12月に開設後、装具外来・フットケア外来も開設しました。
外科、内科、糖尿病センターを中心に質の高いチーム医療を行っています。

うおの目・たこの治療

うおの目・たこは小さい範囲であっても、一度痛みが起こると歩けなくなるほどになります。
軽石でこすってみてみたり、かみそりで削ってみたり、やすりをかけてみたりと、いろいろ苦労されていることと思います。
うおの目・たこの治療のひとつに
サリチルバン(サリチル酸40%配合)
を足のゆびや足の裏に貼るというもの
がありますが、この治療は発売元が
指示する使い方をきちんと守って
使うことが非常に大事です。
米国の足病外科医は、糖尿病性神経障害がある方へのサリチルバン治療を薦めておりません。
サリチルバンの使用によって皮膚に穴が開いてしまい、それが皮膚潰瘍の始まりとなってしまうケースがあるからです。
糖尿病神経障害がある方は、フットケアに熟知しているフットケアクリニック、または皮膚科で治療をしていただくことが望まれます。
www.footcarenow.org # 00000-0003
2010-01-21www.footcarenow.org # 00000-0003
うおの目・たこの治療
うおの目・たこは小さい範囲であっても、一度痛みが起こると歩けなくなるほどになります。
軽石でこすってみてみたり、かみそりで削ってみたり、やすりをかけてみたりと、いろいろ苦労されていることと思います。
うおの目・たこの治療のひとつに
サリチルバン(サリチル酸40%配合)
を足のゆびや足の裏に貼るというもの
がありますが、この治療は発売元が
指示する使い方をきちんと守って
使うことが非常に大事です。
米国の足病外科医は、糖尿病性神経障害がある方へのサリチルバン治療を薦めておりません。
サリチルバンの使用によって皮膚に穴が開いてしまい、それが皮膚潰瘍の始まりとなってしまうケースがあるからです。
糖尿病神経障害がある方は、フットケアに熟知しているフットケアクリニック、または皮膚科で治療をしていただくことが望まれます。

 

末梢血管障害とは?

末梢血管障害とは下肢の血管にプラークと呼ばれるこぶができ、血管が詰まってしまったり、血管が細くなってしまうことです。プラークがたまってくると血管が硬く、狭くなります。これはアテローム性動脈硬化症と呼ばれています。この結果、下肢への血流が減ります。
血管障害は下肢に起こることが多いですが、ほかの場所でも起こります。 大動脈へ繋がる血管、脳に繋がる血管、腕に繋がる血管、腎臓に繋がる血管、腹部に繋がる血管などです。心臓の血管が硬くなり、細くなった場合は冠動脈疾患と呼ばれています。
末梢血管障害がある人は、心臓発作や脳梗塞で死亡する可能性が2~6倍高くなります。
アメリカでは末梢血管障害と糖尿病が下肢の切断の主な原因です。
末梢血管障害は生活習慣を変えたり、薬を飲んだり、必要によっては手術によって治療することができます。末梢血管障害がある人は心臓発作や脳梗塞のリスクが高いので、循環器系の病気のリスク管理が必要です。


ホームページ更新ログ

    2015年12月6日
    治らない傷,治らない足の潰瘍,病院,糖尿病ページ更新しました。
    2015年12月5日
    壊死,潰瘍,足,傷のページ更新しました。
    2015年12月4日
    切断,床ずれのページ更新しました。
    2015年12月3日
    けが,しびれのページ更新しました。